読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UC Blog

消耗系男子

フリック入力ができない僕がキーボード入力をおすすめする3つの理由

紹介記事

みなさんは携帯の文字入力はフリック派ですか?キーボード派ですか?

僕はキーボード派です。

僕の文字入力画面です。

恥ずかしながら僕はフリック入力というものが苦手です。
上下右左分かってはいるがなかなか打ちづらいと感じてしまいます。

僕の周りではフリック入力の方が多いので僕の携帯の入力画面をみたら「え?キーボード入力なの?」と驚かれます。

今日はそんな文字入力に関する話


キーボード入力をおすすめする3つの理由

キーボードの配置を覚えることができる

大学でもパソコンが必携のところが増えた今の時代だからこそ、キーボードの配置を覚えることは重要ではないでしょうか。
キーボードの配置を比較的早い段階で覚えることでパソコンでの文字入力が苦にならないのではないかと思います。

レポートなんかちょちょいのちょいで終わらせることができるかも!?

英文が簡単に打てる

フリックだと英文を打つ時に苦戦するという人がいるのでは?と思います

キーボード入力だと全てのアルファベットが出てくるので素早く打つことができます。

音が気持ちい

これはiPhone利用者にしかわからないことですが、キーボード入力の際ぽこぽこぽこと気持ちの良い音がでます。
打ってて気持ちが良いです笑

あまり関係ないですが清水富美加さんのTwitterでこんなツイートを発見しました。

キーボード入力のデメリット

片手打ちだと難しい

キーボード入力は基本的に両手を使って打つものであるため、片手で打つとどうしてもスピードが遅くなってしまいます。
両手だと素早く打てますが片手だと指の移動が忙しいのでめんどくさいなあと感じます。

ついつい打ち間違えをしてしまう

スマホの画面のサイズだとキーとキーの間が狭いのでついついミスタッチしてしまいます。
指が太い人にはおすすめできないかもですね。

慣れればどっちでもいい

結論としてはキーボード派でもフリック派でもどっちでもいいですね。
どちらにも長所と短所があります。自分が打ちやすいと思う方を選ぶのが1番ですね(結局おすすめできてない)
ただ僕はキーボード派です!