読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UC Blog

消耗系男子

どうしてもコーヒーが飲みたくなったのでお茶パックで淹れてみた話

こんにちは。突然ですが僕はコーヒー大好き人間です。毎日一杯は飲まないと落ち着かないくらいのカフェイン中毒なのかもしれないです。

ひとり暮らしをしていた際は自分でフレンチプレスやコーヒードリッパーを使ってコーヒーを淹れて楽しんでいたのですが、友達の家に居候する際にそういった器具を全部実家へと送ってしまいました。そのため、家でコーヒーを淹れて飲むという時間が失われてしまいました。

これには正直まいりました。コーヒー大好き人間(2回目)の僕にとってはインスタントなんかで妥協したくありません。そこで思いついたのが「お茶パックでコーヒーって淹れれそうじゃね?」というクソみたいな方法です。

思い立った理由

先日知り合いから香港のお土産としてコーヒー豆をもらいました。

コーヒー大好き人間の僕としてとても嬉しいことですが、それを淹れる器具も何もありません。ただただインテリアとして消耗されていっていました。

そこでふと思い立ちました。「あれ水出しコーヒーとかって麦茶みたいにして作るんじゃね?それならお湯入れたらホットコーヒーだせるんじゃないか?」

僕の中のリトル松本も「いけ!やれ!」と言っていました。

コーヒー大好き人間の僕としては不味いコーヒーなんかは飲みたくもありません。妥協できるかできないか見極めるためやってみました。

実際にやってみた

f:id:ucccccccc333:20160517013639j:plain

これがもらったコーヒー豆香港土産としてもらったのですがpacked in UKでした。
コロンビアコーヒーそしてフェアトレードコーヒーです。

1.お茶パックを準備

f:id:ucccccccc333:20160517012423j:plain

ドンキで売ってた100円位のお茶パックを購入しました。

この袋の裏にコーヒーもOK的なこと書いてました。

f:id:ucccccccc333:20160517012533j:plain

薄いですねえ

2.コーヒー豆をお茶パックにいれる

f:id:ucccccccc333:20160517012543j:plain

マチ付きだったので折りたためました。

f:id:ucccccccc333:20160517012518j:plain

1枚じゃ薄々だったのでもう一枚上からかぶせました。

3.カップの中にどん

f:id:ucccccccc333:20160517012531j:plain

マグカップの中にいれます。

4.お湯投下!

f:id:ucccccccc333:20160517012601j:plain

お湯を入れます

f:id:ucccccccc333:20160517012605j:plain

うーん珈琲っぽくないですねえ。。。

5.ちょっと混ぜ混ぜしてみる

f:id:ucccccccc333:20160517012604j:plain

ちょっと混ぜてみて珈琲色を出してみます。少し色が出てきましたねえ。

 

6.蓋をして3-4分くらい蒸らす

f:id:ucccccccc333:20160517012629j:plain

珈琲の味を出すため少しの間蓋をして蒸らします。

7.完成

f:id:ucccccccc333:20160517012646j:plain

完成しました!ちょっと珈琲の油分が出ていてフレンチプレスコーヒーのような見た目です。

f:id:ucccccccc333:20160517012637j:plain

麦茶のパックみたいだ

 

8.実飲!

飲んでみます。コクがある珈琲です。まるでフレンチプレスコーヒーを飲んでるかのような味わいです。まずくはないです。

珈琲には妥協を許さない僕ですがこれはこれでOKです。

f:id:ucccccccc333:20160517012649j:plain

飲んだあとのマグカップのそこには珈琲の細かなカスが残っていました。ホントフレンチプレスみたい。

やってみた感想

実際にやってみた感想としては手間はかかるがまあまあ美味しい珈琲が飲めるということに気づきました。名付けるなら「フレンチプレスっぽい珈琲」ですかね。

インスタントを飲むよりかはこっちを飲んだほうがいいですね。ドリップ付き珈琲なんかもありですが、コーヒー豆をタダでもらってるので、一杯にかかる価値はお茶パック珈琲のほうが断然安いです。味も珈琲の油分を楽しみながら飲めるのでここも評価ポイントが高いですねえ。

もし珈琲を淹れる器具が何もない場合はお茶パックで淹れてみてください!インスタントを飲むよりか少しはマシになります。

ああ自分のお気に入りの器具で淹れる珈琲を飲みたい。